チラシ印刷 デザインならアンティリオン印刷

チラシの種類

<チラシの種類>

使用される場所や状況によっては、チラシも名前が変わります。普通は新聞などと一緒に配布される、折込チラシのことを言ってました。しかし、時代が変われば名前も変わるのもあります。チラシもその一つです。

1、折込チラシ

名前の通り、新聞などに折り込まれているから、折込チラシと呼ばれます。通常はA4版やB5版の大きさ物が多く使われています。新聞折込チラシの中には広げれば、A1やA0のような大きさのものもあります。新聞店や折込チラシ専門の会社、または広告代理店経由で申し込みます。折込せずに各家庭に配られるものは「ポスティングチラシ」などと呼ばれます。折り込み広告は新聞購読者のみに配られ、ポスティングは限定地域の全戸に配布されます。

2、ビラ

英語のbill、または日本語の片(ひら)や擬態語のビラビラがもとになってビラになっていると言われています。単色刷りで髪が薄いものが多く、政治活動や募金などの社会活動に使われる、いわゆる「街頭ビラ」が最も有名です。駅前などで配っている、新しくできたお店だったり、習い事の案内などはこのタイプになります。最も消費者金融などのものには、一般にノベルティと呼ばれるティッシュやあぶらとり紙などのような生活必需品と合体した物が多く、ノベルティと区別付けにくいのも多々あります。「街頭配布チラシ」や「手配りチラシ」などとも呼ばれます。

3、フライヤー

英語のflyer、またはflierから生まれた言葉だと言われています。飛行機やヘリコプターなどを用いて、空からチラシをばら撒いていたことから、「飛ぶもの」を表すのと、「小さなサイズ」のチラシ(はがき大程度)のことをこう呼ぶようになったようです。本屋などの店に置かれていたり、クラブなどのイベントで配られる物がほとんどです。サイズだけではなく、形や円形や型抜きなど、人目を引くためにか、凝ったものが多く出回っています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る